「自然派日本酒」と「自然派ワイン」

「自然派日本酒」を知っていますか?

 

「自然派ワイン」というのは一般に良く使われる言葉で、ワインのカテゴリー

として確立した言葉の意味を思っています。

 

54816ea13d51a216ab34bf14dbee2e07_m

 

日本酒においては現在、「自然派日本酒」という言い方ではなく、

「オーガニック日本酒、自然酒・自然舞…」という言い方で商品を販売しています。

 

オーガニックの認証を取っていなくても、無農薬、無化学肥料の米を使い

米本来の風味や旨みを生かした、こだわりの日本酒を造っている酒造は

多くあります。

旨い酒には良い米、良い米とは化学の力を借りずに、自然本来の製法で

できた米、それは土もキレイ、環境のことも考え、人の安全、安心、健康

のことも考えて造られた日本酒、それが「自然派日本酒」です。

 

8a962b1d3545517a9f19f6e02c2e97da_s

 

「自然派日本酒」の詳しい説明の前に、

まずは、「自然派ワイン」ってどのようなワインを言うのでしょうか?

 

それでは自然派ワインの特徴を順に説明いたします。

醸造のプロセスで大事なのが、ブドウ果汁をワインに変える酵母の働きです。

酵母の種類によって、この酵母は芳香性の高いワインに仕上がる、

また別の酵母は発酵を早く始める、など、それぞれの特徴があり、

生産者は狙った方向にワインを仕上げようと、こういった選抜した

酵母を使用したりすることが多く散見されます。

 

ワインの香味にも流行があり、その香味に近づけようとするあまり、

その産地の個性とは程遠い香味のワインが出来ていたり、

飲んでみて「なんか、どれも同じような味だな」と思うことがあったりします。

 

本来、そのワインの香味は、そこに在る「テロワール」でしか表現できないはずです。

ブドウの品種・土壌・その年の気候・人々の栽培方法や醸造方法という組み合わせで、

ワインが生まれるからです。

そういったことから、自然派ワイン生産者が使用する酵母は選別した酵母ではなく、

その土地に自生している野生(天然)酵母自らのアクションを上手に利用しています。

 

「自然派ワイン」は出来る限り自然のままの製法で作られたワインであり、

自然派ワイン、ヴァン・ナチュール(仏:Vin Naturel、英:Natural Wine)

とも呼ばれています。

原料となるブドウは、農薬や化学肥料が使用されない有機栽培で

育成されることが前提となり、 造醸過程においても後述する様々な

条件が求められます。

 

人の力を加えながらも、その手法は自然と一体化したものである、

そういった考えを取り込んだ農法を提唱した旧オーストリア帝国出身の

人知学者「ルドルフ・シュタイナー」氏の、いわゆる「シュタイナー農法」

で栽培されたブドウを使用して造られたワインを「ビオディナミック・

ワイン」と位置づけしています。

 

その他では、有機農法によって育てられたブドウを使用したワインは

「ビオロジック・ワイン」と呼び、または減農薬農法で育てられるものは

「サステイナブル・ヴィティカルチャー・ワイン」と呼んでいます。

 

ちょっと難しいですね。

 

7eda604a66d9a86c6a8d1026b9f73a3d_s

 

要するに

 

化学肥料や農薬の使用を廃した有機的農法で育てられたブドウを使用し、

人工的添加物である酸化防止剤(SO2)の使用を極力抑えて造られたワイン

 

となります。

 

 

 

「自然派ワイン」のことを少し知ったので、

次回は「自然派日本酒」についてお話したいと思います。

 

 

※参考著書:自然派ワイン 大橋健一(柴田書店)

ウィキペディア「ビオ・ワイン

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で一般社団法人ハッピーチョイス。障がい者と共につくる自然派日本酒をフォローしよう!