埼玉県 晴雲酒造訪問・自然派日本酒の魅力

池袋から東武東上線で一時間ちょっとの「小川町駅」
無農薬・有機農法の米で仕上げた『おがわの自然酒』の魅力を探りに

晴雲酒造』さんへ行きました。

 

案内してくれたのは、専務取締役の中山健太郎さんです。

 

P1020964

 

晴雲酒造は1902年創業、1988年(昭和63年)に『おがわの自然酒』はできました。

 

111583_detailImage1[1]

 

全国的に有機無農薬農法のパイオニアとして知られる、

埼玉県小川町の金子美登氏代表の霜里農場で栽培された無農薬米と、
山形県高畠町で栽培された無農薬米だけを使用しています。

 

自社精米機で精米し、純米吟醸仕込みにより丹念に醸した味わいは、

無農薬米らしいのびのびした米のうまみが、口の中に広がり
それでいて後味のしつこくない飲み飽きしない酒に仕上がっています。

 

P1020945

 

 

P1020944 P1020955

 

井戸から流れる仕込み水は、冷たくてまろやかな口当たり。

 

瓶ラベルは和紙の里小川町で
丹念にすき上げた手漉き和紙を使い、
絵柄は一枚々々版画で仕上げました。

 

小川町の和紙はユネスコ無形文化遺産に登録されました。

 

隣には、地元農家が丹精込めて育てた野菜料理を出す

お食事処「自然処 玉井屋」があります。

 

 

P1020969

 

晴雲酒造の中山さん、ご丁寧に説明をしていただき

ありがとうございました‼

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で一般社団法人ハッピーチョイス。障がい者と共につくる自然派日本酒をフォローしよう!