群馬県「浅間酒造」へ

障害者が農業の仕事で酒米を作り、そのラベル、パッケージを障害者のデザインでおこなう、そして販売へ、売り上げの一部は発展途上国の障害者支援へ。

 

「障害者が上質な日本酒を作る」にハッピーチョイスは挑戦していきます。

 

まずは日本酒の事情を知るため、群馬県浅間酒造の蔵人(日本酒作り職人のことをこう呼びます)に会い話を聞きました。

 

IMG_0500

 

今回話を聞いた蔵人の方は大学で醸造学科種類研究会で本格的に学び日本酒の道へ。

酒米の種類、米麹、酒母、製成、貯蔵、等々とても詳しくお話していただきました。

 

IMG_0517

 

帰りに市場には出ない、品評会に出すお酒をいただきました。

絶品ででした。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で一般社団法人ハッピーチョイス。障がい者と共につくる自然派日本酒をフォローしよう!