2016年「自然派日本酒」から障害者施設製品の良さを伝えていきます。松下幸之助の言葉から。。。

2016年もよろしくお願いします!

 

今年2月6日は自然派日本酒「幸sachi」が出来上がります。

今までは形にすることへの挑戦でしたが、次はそれを販売して多くの人に「幸sachi」の美味しさ、

「幸sachi」に込められた思いを多くに人に知ってもらうための、本当の挑戦が始まります。

 

IMG_2849

(ラベル、ビンサンプルができました。)

 

ある方から松下幸之助の言葉をいただきました。

今年は、この言葉に導かれていきたいと思います。

 

◆まずは願う

私は何ごとによらず、それをなし遂げるために最も大切なことは、まずそれを強く願うというか、

心に期することだと思うのです。

なんとしてもこれをなし遂げたい、なし遂げなければならないという強い思い、

願いがあれば、事は半場なったといってもいい。

そういうものがあれば、そのための手段、方法は必ず考え出されてくると思います。

 

引用資料:『経営のコツここなりと気づいた価値は百万両』 松下幸之助

 

◆最速で実行する

時間をかけなければよい仕事ができないとか、すばらしい発明が生まれないという

考えにとらわれるのは危険である。

われわれはスピードの時代であることをもっと自覚して、きょう考えたことはその日に

実行してしまうこと、思いついたことはすぐに実行し実現するという考え方で仕事を運んでいかなければならない。

 

引用資料:『物の見方 考え方』 松下幸之助

 

◆新しいものの見方で改善し続ける

経営や商売にはいわば無限のやり方があり、販売のやり方、広告宣伝の仕方、人材育成の方法

といろいろ考えていけば、改善すべきところはいくらでも出てくる。

したがって、われわれは絶えず見方を変え、常に新しいものの見方を加えて、必要な改善を

行っていかなくてはならない。それを実現させて成果を生み出していけるかどうかは、結局お互いが、

自分の商売、自分の経営というものに、どれだけ興味をもっているかにかかってくるのではないで

しょうか。

 

引用資料:『経営心得帖』 松下幸之助

 

今年はこの言葉を実行して行きたいと思います

どこまでできるか、自分への挑戦です!

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で一般社団法人ハッピーチョイス。障がい者と共につくる自然派日本酒をフォローしよう!