自然派日本酒 「幸 SACHI」

自然派日本酒「幸SACHI」は米にこだわり、造りにこだわる、ハッピーチョイスのブランド日本酒です。

fa-mu

1

幸SACHIに使用する米は、千葉県のジョブファーム(NPO法人施設)が丹精込めて作った「特等 五百万石」酒米。

米はきれいな水で発芽させ、田植え、雑草取り、稲刈りと丁寧に育て、農薬は一切使用していません。

無農薬で栽培された米は酒の旨みを一段と引き出してくれるのが特徴です。
人と環境が共に健康で豊かであるために無農薬栽培にこだわります。

kidoizumi

2

幸SACHIの酒を醸す蔵は、千葉県の外房大原町にある「木戸泉酒蔵」。

創業明治12年、荘司勇杜氏と熟練した蔵人たちによって昔からの造りにこだわる。
そのこだわりとは、生の乳酸菌を用いて高温(55℃)で酵母を仕込む高温山廃仕込みです。
生の乳酸菌を育てながら乳酸にするのと、でき合いの乳酸を添加するのとでは、酒の味の幅、深みが全然違います。
調味薬品を一切使用しない自然造醸です。

aizome

3

幸SACHIの酒は、日本の色、藍色(ジャパンブルー)にこだわり「藍染め」をモチーフにラベルにしました。
日本の良き伝統文化と現代を融合させたグラデーションデザイン。
東京にある藍ファクトリィー(社会福祉法人施設)の作家による作品です。

掛け布は一枚一枚丁寧に染めました。ビン敷きに活用できます。

裏ラベルは幸SACHIを飲みながらじっくり読んでほしい。飲む人に生産者が語りかけます

「飲んだ全ての人が幸せになるように…」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で一般社団法人ハッピーチョイス。障がい者と共につくる自然派日本酒をフォローしよう!