ハッピーチョイスについて

私たちが考える事

障害者が社会で活躍する、障害者の立場が社会で向上する
『全ての人間の価値がお互いに認められる共生社会』
の実現を目指します。私達の使命

現代は生産性、効率性重視の社会です。
生産性のある(効率性のいい)障害者は社会で働くことができ
生産性がない(効率性の悪い)障害者は施設で働くと思われています。
社会の仕組みのもと2極化に分かれているのが現状です。

施設で働く障害者は、ゆっくりだけど丁寧に
多くのことはできないけれど一つひとつ心を込めて
良い物作りを行っている生産者なのです

社会の中で障害者が偏見、差別されることなく社会の一員として活躍するため施設で作られた製品を通じて市民、企業、行政と共に社会を変えていきます。
また、施設で作られた製品流通を根付かせ、多くの人々が価値ある施設製品を手に取ることにより、自分らしく幸せな生活を送る社会をつくることが私たちの使命です。ハッピーチョイス私たちの目指す社会代表者の思い

私たちの目指す社会
『すべての人間の価値がお互いに認められる共生社会』
社会はいろんな人によって構成されています。老若男女、外国人、障害者、等々
この社会は、障害者にどのくらい関心があるのでしょうか?



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で一般社団法人ハッピーチョイス。障がい者と共につくる自然派日本酒をフォローしよう!